ノスタルジー滲みるナチュラル響に癒されていらっしゃる

なにか家で操作をしているときにBGMが欲しくなる時があります。以前はほぼ自分の好きな曲をかけていたのですが、最近は「順当響」というものをBGMにすることが多くなりました。たとえばどんなものかと言えば海の流れとか川のせせらぎなどが筆頭的ですが、わたしが特に愛するのは蛙の叫び声と焚き火の響だ。
田んぼだらけの生まれに育ったわたしは蛙の叫び声を聞くと「これからそんな時か」などと非常に感慨深く時分インスピレーションを楽しむことができますし、「パチパチ」という木がはぜる焚き火の響は「火っておっきいよね〜」という火に関する特典の念がじりじり沸いてきたりしてそれに比例するかのように心情がポカポカして来る。
私の周辺で蛙の叫び声が大の嫌悪の輩がいて、ある時わたしがBGMに蛙の見解を聞いていると言ったらいとも心配そうな顔つきで「なにか気がかりでもあるん?」と言われました。見込みもしなかったこういう調和にわたしは笑いの仕方を押されて多少口が聞けませんでした。脱ラボ 無料カウンセリング