たまごディナーでがんばろう。たんぱく質を取る工夫

私の恋人は些か変わっていて、お肉があんまり好きではありません。
それどころかお魚もきちんと好きではありません。断然脂ののった魚が駄目です。
エビなら採り入れるかな、と思ったら、エビも駄目です。イカもタコも固いといって嫌がるので駄目です。
貝類は、舌ざわりが強すぎず、些かおいしいお取寄せグルメのようなものだったら食べます。
こうした人のランチタイムをデイリー作って引き上げるんだったら、一体何でたんぱく質をとらせたらいいのでしょう!
ここは二の腕の見せポイントですな、として、たまご食品を工夫してある。
オムレツのなかにモッツアレラチーズを入れたりとか、ちょこっと凝った作り方を通してある。
すると我が家のたまごの支払本数は、きっとお肉やお魚も取るおうちより、
始終多くなってしまっているんですよね。他の動物性のたんぱく質をほとんど食べないので。
所詮ツナの缶詰か、鮭フレークか、たらこういうフレークか、魚肉ソーセージほどだ。
やっぱりたまごで頑張ろう、というデイリーだ。キレイモ 支払い方法