高気圧や秋雨前線などについて勉強しました

高気圧などについて勉強をしました。北太平洋高気圧が弱まり、大陸から冷涼な高気圧が南下してくると、日本付近には再び停滞前線が現れます。そのため天気は不安定になり、秋雨が続きます。この前線を秋雨前線といいます。秋雨前線は梅雨前線と似ていますが、北太平洋高気圧が弱まっているために、前線に対する水蒸気の補給が少なく、その活動は梅雨前線ほど活発ではないことが多いです。しかし、ときには台風が秋雨前線に近づき南の湿った空気を大量に吹き込んで日本列島に大雨をもたらすこともあります。10月中旬になると秋雨前線は南下し、春と同じように温帯低気圧と移動性高気圧が周期的に日本を通過するようになります。移動性高気圧が帯状に東西に連なると秋晴れの天気が続きます。11月中旬をすぎるとシベリア高気圧が定着しはじめ、ジェット気流が南下して温帯低気圧や移動性高気圧の進路も南下し、冬型の気圧配置に移行していきます。とても勉強になりました。脱毛ラボ 選べる 24部分脱毛